買った本と買った訳

2008年06月25日

シャーロックホームズの装幀

0ec718b9.jpg
196bf1c3.jpg

新潮文庫のシャーロックホームズの装幀が素敵です。こんなにお洒落だったなんて!
よく行く本屋にシャーロックホームズコーナーが小さく設けられていて、そこにトントントンと並べられていました。見とれてしまった。

新潮文庫のシャーロックホームズの装幀は、10年くらい前からこちらのデザインになったそうで、西浦玉美さんという方の図案だそうです。
こんなふうに、デザインの一部がぽこぽこっと浮き出ているの。すごく格好いいです。

西浦玉美さんのブログがありました。シャーロックホームズ図案展というのがあったんだね。こんなとか、あんなとか。日本各地を廻るらしいじゃない!来ないかな~。(来ないよな・・)グッズが欲しいなー。


at 23:09|Permalink

2008年04月25日

本日の3冊

e9145d69.jpg

毎朝何かしらのゴミの収集日なので、ゴミ置き場へ行くために毎朝突っ切って行く公園です。
日に日に、それこそ目に見えて日に日に、地面の緑が濃くなっていきます。濃く、そして厚く。クローバーがこんもりと厚く。あぁ、裸足で歩きたいな~。

583f422b.jpg

さて、「買った本と買った訳」なんてカテゴリーを作ってはみましたが、ぜんぜん書くのが追いついておりません。あはー。買った日に書かないと気持ちが旬じゃなくなっちゃうねぇ。

3冊とも、本日発売ほやほやです。
平松洋子の台所
表紙が良くて。
リンク先は文庫のほうはまだ画像が出ていなかったので(なにしろ本日発売したばっかですから)、単行本のほうを貼っておきます。

こぐまのガドガド
フジモトマサルは好きなので、見つけるとほぼ必ず買います。こちらは単行本を持っていますが、文庫は文庫でナリがかわいらしいから好き。
それに、文庫って案外侮れないんですよぅ。この文庫版も文庫書き下ろしが収録されている!

三崎日和 いしいしんじのごはん日記2
ごはん日記1も持っています。(えっと確かまだ読むのが途中のまま・・)
本とは関係ないのだけど、今日、レンタルして観た映画のロケ地に三崎銀座通り商店街とありましたが同じ三崎でしょうか??
海の近くだし、風情もなんとなく同じふうだし。好きなかんじだ!
その映画は「亀は意外と速く泳ぐ」。すっごいおもしろかったです(本とは関係ないけれども・・)。



at 21:35|Permalink

2008年04月18日

「ひつじがすき」

27e699e2.jpg

ひつじがすき

ひつじ、好きですよー。帯に『あなたもひつじ飼いになる!?』とありました。えー、どうしよう!
ひつじの飼い方、ひつじの入手の仕方、えさや手入れの仕方などなど、割と詳しく載っています。ひつじ飼いの心構えとか。
心構えは、そうだなー、本には書いてなかったけど、ペットじゃなくて家畜だって理解することってのも大切だね。
だから私はきっとひつじ飼いにはなれませんー。

写真が、めちゃんこかわいい!です。


at 21:42|Permalink

2008年04月08日

「黒いハンカチ」と「夕闇の川のざくろ」

本をやたらと買ってしまう。なかば中毒みたいなもので、買わないといられない。本屋が大好きなんだもん。
大量の本を見ては、あぁ、こんなに読んだことのない本がたくさんある!と気が遠くなりながらもうっとりする。で、買わずにはいられない・・。
買った本を、ちゃきちゃきと読めばいいのだけれど、なかなかそうもいかなくて、たまる。すごーくたまる。たまった本から読めばいいんだけどね~。そうもいかないんだな。

買ったことを忘れて、また買ってしまう本もある。
なんでこの本を読もうと思ったの???と時間が経ってから不思議に思う本もある。

そこで、買ったことを覚えておくようにと、こんなカテゴリを作ってみました。惹かれた理由も添えておこう。
読書感想文ではなくて、読書前感想文(笑。

6051a8ed.jpg

●「黒いハンカチ」 小沼 丹

これはですね、「創元推理&SF文庫の基本図書」という帯がついて平台にずらずらと並んでいた中の1冊なんですが、まず、表紙の絵に惹かれました。それと題と著者名の文字に。
で、手にとって裏表紙の解説などを読んでみると、「飄飄とした筆致が光る・・」なんて書いてある。えー、どんなふうにひょうひょうとしているのかしら!?書かれたのは昭和三十二年。

中をぱらぱら見ると、まず初めに「クリイム色の壁に赤い屋根があって・・」なんて書いてある。クリイム色。クリーム色じゃなくて、クリイム色。
ソオダ水という文字も見える。わー、なんかいい!
物語の主人公はA女学院の英語教師ニシ・アズマ女史。ニシ先生が太い赤縁のロイド眼鏡をかけると名探偵に変身する、のだそうだ。
わー、わー、わー!なんかいい!

そして、文章に漢字がやたら多い。ふりがな付きの!
「兎角(とかく)寝過ごすと碌(ろく)なことは無い」とか
「莫迦莫迦(ばかばか)しい」とか
「午睡(ひるね)でもする心算(つもり)じゃなくて?」とか。

とても楽しみです♪

6da4bd08.jpg

●「夕闇の川のざくろ」 江國香織

ポプラ文庫というのが4月5日に創刊されたそうで、こちらはその創刊第一弾シリーズの中の1冊。
絵本です。帯に「幻の傑作絵本」と書いてある。知りませんでしたけど。
江國香織だし、なんとなく、ね。


at 22:57|Permalink